滞在プラン&予約


管理された公園やキャンプ場ではなく、森や木や動物の世界へようこそ!
生活の様子は
1 森での過ごし方のページで・・・・・
2 取材記事をお読みください・・・・
1ページ目へ 2ページ目へ
【予約】積雪期(1m)も含めて通年営業ですが、完全予約制です!(閑散期でも2週間前が目安です。)
【経験】キャンプ経験やキャンプ道具は なくてもOK。道具はあるに越したことはないですけど・・・・特別なキャンプ道具がなくてもありあわせでよければ、こちらのものが使えます。(寝袋(またはそれに代わるもの)と懐中電灯だけは、ご自分でご持参ください。寝袋レンタルは夏は500円・6月と9月は800円、10月~5月は冬用1500円、他、虫除け、虫刺されの薬、着替え、防寒着(ここは札幌並みの気温です)、こどもの替えの靴必携。

【宿泊】宿泊は、山小屋か、ツリーハウスが選べます。(テント利用には割引がありますが、それ用に適したサイトを作っているわけではないですので。道路脇でよろしければOKです)

【チェックイン】13:00まで。準備のあとガイダンスが14:00からなので。チェックアウトは、小屋やツリーハウスは次の人がいる時だけ12:00ですが、出来るだけ長く滞在していただきたいです。現場に慣れた方には時間の制限はありません。(深夜到着も歓迎)

プラン1 初めての方の受付はこちらか、イベントをお選びください。
森の人体験コース(森の生活ガイダンス1h&森の冒険ツアー2hのガイド付)がお勧めです!(送迎もあります)

キャンプ場予約サイト「なっぷ」から予約をお願いします!
グループ、団体、2回目以降の特別なアレンジをご希望の方などは、別途見積もりいたしますので、直接お電話にてご相談ください。もっと創造的で気軽なプランをお作りします。(千年の森会員の方はFACEBOOKかメールでご予約ください。)

四季折々の自然体験を 盛り込んだ家族やグループ・個人向けの「森の自然学校」体験コースです。自然学校のスタッフがみなさんと一緒に森の生活と冒険(散策)や森の生活(焚き火・薪割り)をお手伝いします。アットホームな感じで何度来ても、違う発見、違う風景に満たされる驚きを味わってみてください。キャンプ経験の豊富な方も、まったく初めての方でも、キャンプ道具のない方でも、気軽に参加できます。

1 小キャビン 1棟6000円+1人につき4000円(中学生以下2000円)
2 ツリーハウス 1棟12000円+1人につき4000円(中学生以下2000円)
(会員は小キャビン1棟4000円+1人につき3000円(中学生以下1500円)ツリーハウスは1棟4000円増し)

+延泊(2泊目からは)上記の半額にて計算。
+食材や寝袋はオプション(下記参照)

宿泊は山小屋またはツリーハウスをお選びいただけます。
しかし、ツリーハウスは森の奥にあり、山小屋は道路際でバイオ水洗トイレなのに、ツリーハウスでは自分たちで穴を掘ってトイレを作り、また道路からも離れているため、200m近く荷物を運ぶ必要があります。

スケジュール例
<1 泊2日の体験プラン>
1日目 13:00 開講式&ガイダンス
ガイドと森の生活ガイダンスと冒険ツアー
1森の生活ガイダンス(野生動物にやさしい森の生活とは?  危険動物講習・薪割り・焚き火・ランプ)(約1時間)
2冒険(ネイチャーツアー) 一緒に自然を深く感じるお散歩へお出かけください。(約2時間:)
16:00 自分たちで水汲み・薪割り・焚き火にチャレンジ!&外の温泉へ・・・(車のない方には送迎あり。)
夕 食  焚き火を囲んで、森で出会った仲間や家族での夕食作り&晩餐(食材持参orオプション)
2日目 朝 食 各家族で作って食べます。(食材持参orオプション)
9:00 フリータイム(オプション:2hのネイチャーツアー第二段はいかがですか?(山菜・山葡萄・きのこ・窯でピザ焼き等野趣料理。・ネイチャーツアー・温泉ツ アー:何より、歩いて見つけて自然に生まれる遊びが大切!さて何が始まるかな? ガイド料(大人2000円中学生以下1000円
昼 食 各自(材料は含まれていませんが、夕方まで滞在頂けます。)
※食材の買出しは最寄の西友ストア(24h)が便利です。(近道マップに記載)
※帰りは、そば屋、温泉、観光地などご案内します。

<2 泊3日の体験プラン>
3連休以上の連休(GWやお盆期間も)の場合はイベントがありますので、そちらにご参加ください。(このプランの設定はありません。)
2日目 もう少し、冒険で、もう少し奥の深い自然にチャレンジです。昨日は、まだ全開で歩いていなかった大人も子どもも歩き方、感じ方の違う世界へご案内します。(3h)その後、フリータイムが3日目まで。(温泉とか、自分の時間とか・・・深~い森の世界。)

●持ち物:日帰りの持ち物に加えて、寝袋(またはそれに代わるもの)と懐中電灯だけは、ご自分でご持参ください。寝袋レンタルは夏は500円・6月と9月は800円、10月~5月は冬用1500円)、防寒着、懐中電灯、ライターなど
※オプション;夕食材(大人1500円、子ども1000円) 夕食材を・・・ 季節や設備のことがわかっている私どもが簡単な食材を準備させていただきます。主食と副食1品のみ(カレーライス、焼きうどんなど)の買出しをしておきます。作るのは 焚き火でスタッフがお手伝いを致します。豪華ではありませんので、副食や酒果物はご持参ください。その後の朝食や昼食は、簡単な焚き火で出来るよ うなものをご準備ください。(例えば朝はパン食、昼は麺類で、いずれもひとつの火で出来る程度のもの。実際は事前のお電話で、自由にアレンジをしましょ う。)
例1)焚き火で簡単!ジンギスカン焼きうどん野菜入り(一部季節により山菜またはキノコ)、粉のわかめスープ、焚き火で遊ぶ焼きマシュマロ  例2)みんなが参加できる普通のカレーと飯ごうで炊飯に挑戦!(これなら1つの焚き火でもok)

プラン2 会員限定フリープラン(会員になれば自由に森の生活を。)
宿泊は山小屋・ツリーハウス・テント

 チェックイン 自由(送迎あり、食事は各自でもこちらで準備してみんなで作るのでもOK)

日帰り:無料(イベントは参加費が別途必要ですが。)

宿泊:山小屋 1泊2000円(中学生以下1500円) ツリーハウス1泊3000円(中学生以下2000円)
薪やランプ(灯油)、みんなで一緒に食べる食材など消耗品には実費が掛かります。
会員お申込みはこちらへ  http://morikura.com/kaiin.html

プラン3 イベントに参加 詳細はこちらへ・・・・

宿泊イベントはイベント代で宿泊や食事(送迎)も含まれ手ぶらで参加できます。日帰りのイベントへの参加の場合はフリープランの宿泊代をプラスして滞在ください。泊まりの体験をお勧めします。(寝袋(レンタル可)や懐中電灯、着替えなどはお持ちください。)

【その他必要なもの】

・寝袋(またはそれに代わるもの)と懐中電灯だけは、ご自分でご持参ください。寝袋レンタルは夏は500円・6月と9月は800円、10月~5月は冬用1500円)
・炊事用品  鍋釜、食器は、無料のものもありますのでご相談ください。
・キッチン小物など    ティッシュ(食器を拭いたりなどにもトイレットペーパーが便利)や食材、調味料、ビニール袋、ラップやホイル、箸、軍手などの小物もお困りの時は無料でお使い頂いていますが、あるもので、荷物の許す範囲でお持ちください。懐中電灯と雨具は森で出かけられなくなるので必携ですよ。
・マキ     殆どすべての煮炊きや、ストーブや焚き火用に必要です。山から自分で集めれば無料ですが、有料のマキもあります。(1束600円)
・その他   明かりのランプや、石油ストーブ、ランタンなどの燃料は使った分をお支払いください。
・無料貸し出しのお勧め品  ノコギリ、薪割りの斧、ビザ窯、燻製窯、炭焼窯などは無料です。(みんなでお使いください。)

 

Home > 滞在プラン&予約このページを印刷 このページを印刷

リアルタイム情報はこちら!!
森のくらしの郷 The Forest for next millennium
最近のお知らせ
季節の立ち寄りどころご案内

千年の森自然学校は地域づくりに参加しています

ぐるったネットワーク大町みどころ情報

    Error: Feed has an error or is not valid

Return to page top