Gallery


ぼくらの森で見つけたいきものたち
ホンドリス 普段はとても用心深いので、姿を見せてもホンの一瞬。木の裏側に回るわ、樹上に消えていくわで、とても写真を撮るどころではない。 それが唯一人間が見ていてもかまわず姿を見せてくれるのが、胡桃の実を食べている時だ。今年は8月20日からの2週間くらいだった。いつもより長いと思った。 それが、この春驚いたことに、彼らは胡桃の新芽にも目がないということを発見。この時期は、葉が茂っていない分明るくてよく観察できる。写真にはうってつけの条件で、毎年秋口に狙っていたのに撮れなかった写真が撮れた。

ホンドリス 普段はとても用心深いので、姿を見せてもホンの一瞬。木の裏側に回るわ、樹上に消えていくわで、とても写真を撮るどころではない。 それが唯一人間が見ていてもかまわず姿を見せてくれるのが、胡桃の実を食べている時だ。今年は8月20日からの2週間くらいだった。いつもより長いと思った。 それが、この春驚いたことに、彼らは胡桃の新芽にも目がないということを発見。この時期は、葉が茂っていない分明るくてよく観察できる。写真にはうってつけの条件で、毎年秋口に狙っていたのに撮れなかった写真が撮れた。
ホンドリス 胡桃(ヒメグルミ)の新芽、それも付け根の辺りをしきりに食べる。双眼鏡で除くと、時折目がこちらを向いていて、こちらを警戒はしているらしい。

ホンドリス 胡桃(ヒメグルミ)の新芽、それも付け根の辺りをしきりに食べる。双眼鏡で除くと、時折目がこちらを向いていて、こちらを警戒はしているらしい。
ホンドリス よいしょっ!と乗り出して食べる。

ホンドリス よいしょっ!と乗り出して食べる。
ホンドリス このポーズも良く見る。上から駆け下りてきたかと思うと、突然 停止して、こちらを伺う。

ホンドリス このポーズも良く見る。上から駆け下りてきたかと思うと、突然 停止して、こちらを伺う。
リス。 お産を控えた母親が、珍しく小屋に非難していたらしい。数日の後、姿を消した。 (別写真で膨れたお腹と乳首を確認していたので)

リス。 お産を控えた母親が、珍しく小屋に非難していたらしい。数日の後、姿を消した。 (別写真で膨れたお腹と乳首を確認していたので)
カモシカは僕らの隣人。なので別アルバムにまとめてます。

カモシカは僕らの隣人。なので別アルバムにまとめてます。
ニホンカモシカ

ニホンカモシカ
ニホンカモシカ

ニホンカモシカ
ニホンカモシカ

ニホンカモシカ
ニホンカモシカ 60315黒

ニホンカモシカ 60315黒
ニホンカモシカ

ニホンカモシカ
ニホンカモシカ 生き物でなくなった状態だけど。死体はもっとも興奮させられる生き物。

ニホンカモシカ 生き物でなくなった状態だけど。死体はもっとも興奮させられる生き物。
ニホンザル

ニホンザル
こちらも、殆ど同居人状態。いつも意識にある、同じ森に住む生き物。隣人というより、ライバル or 時々天敵。

こちらも、殆ど同居人状態。いつも意識にある、同じ森に住む生き物。隣人というより、ライバル or 時々天敵。
ニホンザル

ニホンザル
ニホンザル 僕の一番好きな写真。 サルはホンとに人に似ている。しぐさもそうだ。

ニホンザル 僕の一番好きな写真。 サルはホンとに人に似ている。しぐさもそうだ。
岩魚は、神あるいは神の使いに近い存在。

岩魚は、神あるいは神の使いに近い存在。
モリアオガエル めずらしいからではなく、美しい両生類。 僕は、もりくらに来る多くの若者たちと違って爬虫類や両生類が好き!というタイプではないのだけれど、このカエルは綺麗だ。 蛇もそうだが、あまり好きではないはずが、ふっと見入ってしまうことがよくある。

モリアオガエル めずらしいからではなく、美しい両生類。 僕は、もりくらに来る多くの若者たちと違って爬虫類や両生類が好き!というタイプではないのだけれど、このカエルは綺麗だ。 蛇もそうだが、あまり好きではないはずが、ふっと見入ってしまうことがよくある。
アサギマダラ ヒヨドリバナの花に集まってくる。

アサギマダラ ヒヨドリバナの花に集まってくる。
飛び立つアカゲラ。 こちらも何時も傍らにいてくれる森の仲間。

飛び立つアカゲラ。 こちらも何時も傍らにいてくれる森の仲間。
アカゲラ

アカゲラ
陽光に誘われて・・・ホンドキツネ(厳冬期)

陽光に誘われて・・・ホンドキツネ(厳冬期)
威風堂々。アズマヒキガエル。 よく夜に焚き火に寄ってくるときは、なんだかぼけっとしているのに。

威風堂々。アズマヒキガエル。 よく夜に焚き火に寄ってくるときは、なんだかぼけっとしているのに。
ヤマネ ずっと捜し続けていた。巣箱を30個くらいつけても見つからなかったのに、ツカダツリーハウスで発見される。天井にぶら下がって走り回っていたらしい。

ヤマネ ずっと捜し続けていた。巣箱を30個くらいつけても見つからなかったのに、ツカダツリーハウスで発見される。天井にぶら下がって走り回っていたらしい。
 


Home > Galleryこのページを印刷 このページを印刷

リアルタイム情報はこちら!!
森のくらしの郷 The Forest for next millennium
最近のお知らせ
季節の立ち寄りどころご案内

千年の森自然学校は地域づくりに参加しています

ぐるったネットワーク大町みどころ情報

    Error: Feed has an error or is not valid

Return to page top